目的に合わせたクラブ選び

スポーツクラブで水中エクササイズは沢山メニューが用意されています。泳ぎが上手くなりたい方のための基本が学べるコースや、上級者のための競技会参加に向けた練習コース、ダイエットや健康、美容のための水中運動コースなど目的別にさまざまなコースが用意されています。水泳は、水に抵抗によって、激しい運動をしなくても、陸で運動するよりも脂肪燃焼効果が高く、ダイエットに向いているスポーツです。

お腹や下半身を引き締めたい方向けの、水中でのエクササイズコースや水中でのエアロビクスなどのさまざまなエクササイズのコースが用意されているスポーツクラブですと泳ぎがあまり得意ではない方もダイエット目的で通うことができますのでおすすめです。スポーツクラブでは、さまざまな陸上トレーニングを行うことができますので、スイミングと併せて行うことで筋力向上につながり、ダイエット効果も高くなるようです。

スキンダイビングに興味がある方向けにスキンダイビングの基本を学べるコースがあるスポーツクラブや、ストレス解消にリラックスして自由に泳げるコースなど、スポーツクラブによってさまざまなコースが用意されていますので、無料の見学や体験で訪れてみて、目的に合うスポーツクラブを探してみることをおすすめします。

ベビースイミングスクール

子供向けのスイミングスクールには赤ちゃん向けのベビースイミングがあります。大体のスポーツクラブでは、首がすわる、生後6か月頃から参加することができ、3歳~4歳ぐらいまで通えるスポーツクラブが多いようです。1歳未満は、保護者によるベビーマッサージや保護者と一緒にプールに入り中で浮いたり、おもちゃで遊ぶなど、水に慣れるためのレッスンが行われます。1歳を過ぎると、水の中での歩行や腕輪をつけて泳ぐ練習などのレッスンを行いますが、スポーツクラブによって、レッスン内容はさまざまですので、見学に行かれることをおすすめします。

赤ちゃんは、お母さんの羊水の中に数ヶ月いたことで、水に対する恐怖心があまり無いと言われています。そのため、恐怖心の少ない赤ちゃんの頃から水に慣れ親しむことで、お風呂や水遊びでの恐怖心を無くすことが可能です。プールで運動することで、呼吸器系の発達にもつながります。

また、水圧によって筋肉の発達や、運動機能の向上にもつながります。昼間に軽く運動することで、生活のリズムがつき、夜にしっかり眠ることができるという効果もあります。赤ちゃんの頃から、運動をすると血流が良くなるため、新陳代謝が良くなり、免疫力もつくとされています。親子のスキンシップやコミュニケーションも図れると言われているため、コミュニケーションを取るきっかけとしてスイミングスクールに通うこともおすすめです。

スポーツクラブでスイミング

当サイトでは、スポーツクラブのスイミングコースについて説明します。

スポーツクラブでは、年齢や体力、能力によってさまざまなスイミングコースがあり、子供から大人まで楽しむことが可能です。屋内なので、天候に左右されずに楽しめるという利点もあります。スポーツクラブでは、初心者から上級者まで通えるコースがあり、まったく泳げない方でも、水慣れや浮く練習、泳ぎ方の基礎から指導をしてもらうことが可能です。

水泳は、健康維持に効果の高いスポーツであると言われており、それには、水圧、抵抗、浮力、水温が関係してきます。下半身に水圧がかかることで、全身に血液が回りやすくなるため、血流促進効果があります。また、水圧によって呼吸筋が鍛えられるため、心肺機能の向上効果もあります。

水の抵抗によって筋力が向上する効果や、水温が体温より低いことによって血行が促進され新陳代謝が高まる効果があります。また、浮力によって、陸上にいる時の体重よりも1/6程度の軽さになるため、足や腰への衝撃が少なく、骨折などの怪我の心配が無いことから、高齢者でも楽しめるスポーツでもあります。

水泳はさまざまな健康維持効果が期待できることから、簡単な体操コースや腰痛や肩こりケアのための水中ストレッチコースや運動不足解消、筋力向上、心肺機能向上のための、水中ウォーキングやジョギングコースなどがあるスポーツクラブも多いようです。そのため、足腰が弱い方、お年寄りの方、妊婦さんなどでも運動不足解消に適したスポーツです。